FC2ブログ
日々の読書記録など
<
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『楊令伝 11 傾暉の章』 
2018-05-15 Tue
楊令伝 11

『楊令伝 11 傾暉の章』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★☆☆

梁山泊は闇塩に替わる新しい財源としての東から西への交易の道をついに開拓し、第一陣として楊令自ら商隊の護衛として西に赴く。
岳飛は民の不満を抑えるため見せしめとして一つの荘を殲滅させる。そして梁山泊の牧から3千頭の馬を盗み出すことに成功する。
馬を盗まれた梁山泊軍は岳飛軍と交戦状態に入り、岳飛軍の拠点である隆徳府の兵糧倉を全て焼いてしまう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『楊令伝 12 九天の章』 | 読書日記 | 『入門 ビットコインとブロックチェーン』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。