FC2ブログ
日々の読書記録など
<
『子供の死を祈る親たち』 
2018-05-02 Wed
子供の死を祈る親たち

『子供の死を祈る親たち』 新潮文庫 押川 剛 (著)  ★★★☆☆

著者は精神障害を病んでいる家族や親戚から依頼され本人を更生に導くもしくは精神病院に移送する仕事をしている。
薬物やアルコール依存により精神障害や、ひきこもり等の相手をするため危険の伴う仕事のようだ。
以前にこの著者の本を読んだことはあるが、もし本に書かれているような人が近くにいたら恐怖だろう。
重大犯罪を犯す精神障害者の比率が年々増加し続けるという現実は、今の制度がうまく機能していないことと
違法ドラック等が簡単に入手できる社会構造にも問題があるのだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『入門 ビットコインとブロックチェーン』 | 読書日記 | 『シュンスケ! 』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |