FC2ブログ
日々の読書記録など
<
『シュンスケ! 』
2018-04-26 Thu
シュンスケ

『シュンスケ! 』 角川文庫 門井 慶喜 (著)  ★★★★☆

伊藤博文の話。長州藩の貧しい農家に生まれながら、幼少のころから将来は「宰相」の夢を抱く。
父親が出入りしている武家の勧めにより、父親はその武家の養子となったため、利助も伊藤俊輔と改名して下級武士となる。
楽天家の性格がそうさせるのか、吉田松陰や桂小五郎、高杉晋作などと深く関係を持つようになり、維新後その楽天的な気質と政治力で首相まで上り詰める。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『子供の死を祈る親たち』  | 読書日記 | 『砂の王宮』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |