FC2ブログ
日々の読書記録など
<
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『楊令伝 5 猩紅の章』
2018-02-27 Tue
楊令伝 5
『楊令伝 5 猩紅の章』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★☆☆

遼の帝が青蓮寺李富の謀略により暗殺されてしまったため、聞煥章の新しい国家の夢も潰えてしまう。そして燕雲十六州は宋の国のものになる。
また遼の将軍たちも戦う目的を失くしてしまい、部下を引き連れ金国の軍隊に属することになる。
一方南の宗教叛乱も呉用の戦略により童貫の軍を追い詰めるが、信徒七十万を犠牲にするも最終局面を迎える。
燕青と武松は呉用を引き取りに方臘のもとを訪ねる。方臘とともに自害しようとする呉用であったが、武松により梁山泊に運ばれる。
その後 方臘たちは自ら火を放ち自害する。残された方臘軍の兵たちは梁山泊に加わる。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『楊令伝 6 徂征の章』 | 読書日記 | 『ミッドナイト・ジャーナル』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。