FC2ブログ
日々の読書記録など
<
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者』
2018-02-06 Tue
世田谷

『世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者』 角川文庫』 一橋 文哉 (著)  ★★★★☆

2000年の年末に発生した世田谷に住む4人家族が惨殺された事件を追った内容。裏の社会に詳しい著者ならではの分析である。
既に実行犯は韓国マフィアの暗殺請負人であることは警察もほぼ特定済みであるようだが、2015年に既に亡くなっているとの情報もあるようだ。
その背景には不動産売買やキリスト系新興宗教との関係が見え隠れする、非常に闇の深い話である。
そして最後にもし未だ暗殺者が生きているようであれば、次のターゲットは広域暴力団の幹部ではないかと著者は書いている。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『悪果』  | 読書日記 | 『ブラック オア ホワイト』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。