日々の読書記録など
<
『冬を待つ城』 
2017-12-20 Wed
冬を待つ城

『冬を待つ城』 新潮文庫 安部 龍太郎 (著)  ★★★★☆

奥州仕置の命により奥州北端の九戸城に襲いかかる六万の秀吉軍。秀吉の目的が朝鮮出兵のための人夫狩りと硫黄鉱山の略奪だと知った城主である九戸政実は弟3人と九戸兵三千人とともに籠城戦に出る。
冬が来るまでに攻め落としたい秀吉軍は政実の策略にはまり和睦することに。
山本周五郎が書いたような内容だが なかなか面白かった。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『武揚伝 - 決定版(上、中、下)』  | 読書日記 | 『ハゲタカ2.5 ハーディ(上、下)』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |