日々の読書記録など
<
『水滸伝 15 折戟の章 』
2017-10-10 Tue
水滸伝15

『水滸伝 15 折戟の章 』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★☆☆

宋軍20万の兵と梁山泊軍全軍での戦いが始まる。徐々に攻め込まれていく梁山泊軍、そして多くの同志もこの激戦により失いつつある。
劣性に置かれる梁山泊軍は宣賛は起死回生の策として戦闘に出れない負傷した兵士や梁山泊の女たちで警護が手薄になった北京大名府を攻める作戦にでる。
北京大名府が占領されたことを知った宋軍は、北京大名府を奪還するため兵を引き上げ停戦状態となる。兵を多く失った梁山泊軍は、梁山泊軍回復の時を稼ぐため偽りの調停工作を始める。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『水滸伝 16 馳驟の章 』 | 読書日記 | 『和僑』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |