日々の読書記録など
<
『日本はこうして世界から信頼される国となった』
2017-09-02 Sat
世界はこうして

『日本はこうして世界から信頼される国となった: わが子へ伝えたい11の歴史』 小学館文庫プレジデントセレクト 佐藤 芳直 (著)  ★★★☆☆

日本人が日本人を持ちあげているような内容。まぁそんなに今は 日本人って立派じゃないけどね。
このような内容は賛否両論あり、社民・共産系の人たちにとってはとんでもない内容と思うのかもしれない。
以下内容を抜粋
>> 今でも私たち日本人の中には、大東亜戦争の原因の全ては日本の侵略的野心からであり、悪いのは日本だと一方的に信じている人が少なくない。
戦争を賛美するわけではない。支那大陸・アジア諸国の惨禍は心に刻むべきだとも思う。ただ私たちは、多くの犠牲の意味を、
そして、未だに悪い国と指摘されると自虐的に首を垂れ、戦争の意味すら論じる事すら避けようとする、そんな卑屈な今の状況を
私たち大人が変えていく責任がある。


ここが 著者の言いたいことなのだろう。 私の子供のころは 「日本が100%悪い」と教わった記憶があるな。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『カエルの楽園』 | 読書日記 | 『黄砂の籠城(上・下)』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |