日々の読書記録など
<
『黄砂の籠城(上・下)』
2017-08-31 Thu
黄砂の籠城上  黄砂の籠城下

『黄砂の籠城(上・下)』 講談社文庫 松岡 圭祐 (著)  ★★★★☆

1900年の義和団事件を扱った内容。各国の公使館を襲う義和団の集団、線路や通信も途絶え援軍がこれない状況下で各国が一致団結して約2か月近く籠城をする。
見てきたようなリアル感のある書き方でなかなか面白い。籠城の指揮を主導したのは元会津藩出身の柴五郎中佐、後に各国から称賛されたそうだ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『日本はこうして世界から信頼される国となった』 | 読書日記 | 『水滸伝 12 炳乎の章』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |