日々の読書記録など
<
『水滸伝 12 炳乎の章』 
2017-08-23 Wed
水滸伝12

『水滸伝 12 炳乎の章』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★★☆

毒矢により殺害された晁蓋を悲しむ梁山泊軍、しかし青蓮寺は手を緩めることもなく、遂に闇塩の元締めである盧俊義を捕え拷問にかける。
燕青は飛竜軍とともに盧俊義を救出、その後、宋江は梁山泊全軍で闇塩を証拠を消すべく北京大名府を奪う。しかし青蓮寺は北京大名府を奪還するため関勝に命令を下す。
留守になった梁山泊に向かう関勝の軍、その情報を受けた梁山泊軍は、北京大名府の占拠を諦め急遽 梁山泊に帰還する。
関勝も梁山泊軍を迎え撃つことなく意味深な言葉を残し帰還する。また晁蓋を殺害した史文恭は新たなる暗殺を企図する。
梁山泊軍と戦わなかった関勝に、青蓮寺は「官軍につくか梁山泊軍につくか」の返答を求める。 ついに関勝は将軍を辞め、部下とともに梁山泊に向かう。
この章は2:8で官軍の勝ちかな。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『黄砂の籠城(上・下)』 | 読書日記 | 『水滸伝 11 天地の章 』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |