日々の読書記録など
<
『水滸伝 11 天地の章 』
2017-08-19 Sat
水滸伝11

『水滸伝 11 天地の章 』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★☆☆

梁山泊は兵も増え続け、またその他の医療施設などの生活環境も充実していく。そんななか 晁蓋と宋江の意見の対立が目立ち始める。
直ぐにでも官軍をたたくべきだと考える晁蓋に対し、宋江は兵の拡充を待つべきだと主張する。
青蓮寺の手下である史文恭は、梁山泊軍の勝利した戦でまんまと晁蓋の配下に潜り込むことに成功する。
ある日村が賊に襲われているとの報を受けた晁蓋は賊を殲滅すべく野戦に出る、討伐後、帰還途中で晁蓋は史文恭の放った毒矢に倒れる。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『水滸伝 12 炳乎の章』  | 読書日記 | 『真夏の島に咲く花は』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |