日々の読書記録など
<
『政と源』 
2017-07-22 Sat
源と雅

『政と源』 集英社オレンジ文庫 三浦 しをん (著)  ★★☆☆☆

東京都墨田区の下町に住む つまみ簪職人・源二郎と妻と国政は昔からの幼なじみ。大手銀行を定年退職した国政は妻に飽きられ別居中。
その二人が織りなす下町人情物語。大変読みやすい内容だが物足りないな~
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『水滸伝 9 嵐翠の章』  | 読書日記 | 『二千七百の夏と冬(上・下)』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |