日々の読書記録など
<
『残業税』 
2017-06-28 Wed
残業税

『残業税』  光文社文庫 小前 亮 (著)  ★★★☆☆

財政の立て直しと過剰労働の防止を目的に、政府は法人税の引き下げと引き換えに新たに労使折半で支払う残業税を導入する。
その残業税の脱税を取り締まるため、残業税務調査官がブラック企業にたいして抜き打ち調査を行う内容。
残業税が導入される経緯を論理破たんもなく良く説明しているので、いかにも実際に残業税なるものがありそうに思えてる。
実際にこの残業税は財政再建として一考に値するかもしれない。
笑える箇所はないが、「残業税」という架空の話しにしては、けっこうリアル感がある。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『水滸伝 7 烈火の章』  | 読書日記 | 『若冲』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |