日々の読書記録など
<
『永山則夫 封印された鑑定記録』
2017-05-25 Thu
永山のりお

『永山則夫 封印された鑑定記録』 講談社文庫 堀川 惠子 (著)  ★★★★☆

死刑囚 永山則夫の精神鑑定を行った精神科医とその当時の100時間以上に及ぶ鑑定の録音テープ及び千葉に保管してある遺品などをもとに書かれた内容。
極貧の家族の生い立ちから犯罪に至るまでのことが詳細に書かれてある。
たぶん著者は死刑廃止論者だろう、よくここまで資料を読み込んだものだと思うし、よほどの執念がなければここまで書けないであろう。
昔「無知の涙」を読んだが、それに比べればはるかに読みやすい。しかし、「無知の涙」のインパクトははるかに強烈である。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ミッション建国』 | 読書日記 | 『リバース』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |