FC2ブログ
日々の読書記録など
<
『水滸伝 4 道蛇の章』
2017-05-16 Tue
水滸伝4

『水滸伝 4 道蛇の章』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★☆☆

青蓮寺の李富により宋江が娘を殺害したと思いこまされた叛乱側の間諜であった馬桂は、今度は李富の妾となり青蓮寺の二重スパイとして梁山泊に接近するようになる。
そして青蓮寺の情報戦略に梁山泊側は徐々に翻弄されていき、官の逆襲のための準備が徐々に整ってきた。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『リバース』 | 読書日記 | 『水滸伝 3 輪舞の章』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |