日々の読書記録など
<
『水滸伝 3 輪舞の章』
2017-05-11 Thu
水滸伝3

『水滸伝 3 輪舞の章』 集英社文庫 北方 謙三 (著)  ★★★☆☆

官軍の隊長であった青面獣楊志は花和尚魯智深により同志となる、盗賊により両親を殺された幼児をひきとり「楊令」と名付ける。
また史進もあまりにも強く また 若さゆえに 孤立感を深めていき、再び王進のもとで修行を始める。
そして役人であった宋江は妾殺害の罪を被り、官より追われれる立場になり武松とともに同志を募るための長い旅にでる。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『水滸伝 4 道蛇の章』 | 読書日記 | 『経済ヤクザ』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |