日々の読書記録など
<
『殺人犯はそこにいる』 
2017-03-16 Thu
殺人犯はそこにいる

『殺人犯はそこにいる』  新潮文庫 清水 潔 (著)  ★★★★★

群馬県と栃木県の県堺あたりで発生した5件の未解決少女殺人事件を取材した内容。
期待して読んだわけでもないので、今年読んだ書籍の中では一番よかった内容。
DNA鑑定で死刑判決を受け17年間も拘置所にいた元受刑者は、この著者のおかげで冤罪が晴れたといっても過言でもない。
また著者も冤罪だと思って取材したのではなく、5件の事件を取材しているうちに今の受刑者は冤罪ではないかと疑問を持ち始めたのだから凄い。
これぞ本物のノンフィクション書籍だと思う。
しかしDNA鑑定だけの証拠で死刑になった冤罪者が何人かいると思うと、、、恐ろしい。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『岳飛伝 1 三霊の章』  | 読書日記 | 『バカが多いのには理由がある』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |