日々の読書記録など
<
『黒書院の六兵衛 (上、下)』
2017-02-02 Thu
六べえ上 六べえ下

『黒書院の六兵衛 (上、下)』 文春文庫 浅田 次郎 (著)  ★★★☆☆

江戸末期に江戸城を薩長を中心にした官軍に明け渡そうとしている最中に、一人の旗本 六兵衛 が城中に居座る話。
このような結論になるとは思いもよらなかったが、これが作者の考える理想の江戸時代の武士なのかな?
著者の作品群の中では、これはいまいちだったな。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『神様の御用人』 | 読書日記 | 『家電の神様』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |