日々の読書記録など
<
『定年ゴジラ』
2016-12-20 Tue
定年ゴジラ

『定年ゴジラ』 講談社文庫 重松 清 (著)  ★★★★☆

高度成長の時代に開発されたニュータウン、30年後の今は定年退職を迎えた人、子供が独立して単身世帯や高齢者の夫婦二人だけの世帯が目立つようになってきたニュータウンの話。
高齢化の進む日本で今や都会のあちこちで見られる光景。私も定年後の人生を考えるような歳になってきてちょっと考えてしまった。ただ我々の世代は65歳からの年金支給なので60歳で朝から散歩なんてしていられないだろうな。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』 | 読書日記 | 『日本の聖域 ザ・タブー』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |