日々の読書記録など
<
『はじめての親鸞』
2016-11-02 Wed
はじめての親鸞

『はじめての親鸞』 新潮新書 五木 寛之 (著)  ★★☆☆☆

著者の「親鸞」の三部作は平易な文章で非常に読みやすく面白かったのだが、これは著者の親鸞に関する講演を文章にしたものなので私にとっては物足りなかった。
逆に「親鸞」を読んでいないと この本の内容はわかりづらいかな。どちらにしても買って読むような本じゃなかったな
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『給食費未納 子どもの貧困と食生活格差』 | 読書日記 | 『とげ』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |