日々の読書記録など
<
『赤ヘル1975』
2016-09-13 Tue
赤へる1975

『赤ヘル1975』 講談社文庫 重松 清 (著)  ★★★★☆

当時からカープファンだった私には非常に懐かしく思い出される内容であった。あの当時の選手の名前やオールスターゲームのことも今でもはっきりと記憶にある。
周りの殆どが巨人ファンだったのに、あの当時は私だけ赤いカープの帽子をかぶっていたことも今ではいい思い出である。
あれから ドラフト制度も少しかわったり、FA制度の導入でもうカープの優勝はないだろうと思っていたのだが、今年は何が原因だかよくわからないが2位とのゲーム差を大きくあけぶっちぎりで優勝してしまったのだ。まさに奇跡だ、次の優勝を私は見られるだろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『本日は、お日柄もよく』 | 読書日記 | 『警視庁公安部・青山望 聖域侵犯』 >>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |