日々の読書記録など
<
『「日中韓」外交戦争』 
2016-07-28 Thu
日中韓外交戦争

『「日中韓」外交戦争』  新潮文庫 読売新聞政治部 (著)

報道等ですでに知っていることだが、いかに中国や韓国が日本を嫌っているかが事細かく書かれている。
この関係は日本が中国や韓国の配下に置かれないかぎり解消されないだろうな。映画館などでは日本に核ミサイルが撃ち込まれるシーンがあると観客は拍手をして喜ぶそうだ。
尖閣諸島の問題を国際裁判で解決などと考えている人もいるようであるが、所詮裁判官も人間であり今の国際情勢からすると日本が負けることも大いにあり得るのではないだろうか。
中国や韓国が経済的や軍事で力を付けてきておりその反面日本が徐々に国力が衰えてきている昨今、国際社会に訴えても日本にとっては不利な状況だろう。
外交は力の関係であり性善説で考えては足もとをすくわれるだけでとてもやっていけないだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『家裁調査官は見た ―家族のしがらみ―』 | 読書日記 | 『武器輸出と日本企業』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |