日々の読書記録など
<
『武器輸出と日本企業』
2016-07-25 Mon
武器輸出と日本企業

『武器輸出と日本企業』 角川新書 望月 衣塑子 (著)

「防衛」と聞いただけでアレルギー反応を示す国民が多い日本で、防衛に関するものを海外に売り込もうとし始める日本政府と日本企業だがハードルは高そうだ。
筆者もこのような日本政府に対して難色を示すというスタンスで書いているようだ。
デュアルユース(民生と防衛の共有)製品を目指しているようだが、どこの大学も嫌悪感を示しているようだ。
ただ、今のGPSや携帯電話やインターネットなどはもともと軍需として開発したものだし、民間や軍需の見極めはできないに等しいのが現状。
また装甲車や航空機、潜水艦などは国際競争力がまったくなく現状顧客は日本の自衛隊しかないようである。
この背景には自国は自国民で守るしかないということもあるだろうが、日本経済がそこまで疲弊してしまっているということに他ならないだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『「日中韓」外交戦争』  | 読書日記 | 『ゼツメツ少年』>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 読書日記 |