日々の読書記録など
<
『家電の神様』
2017-01-20 Fri
家電の神様

『家電の神様』  講談社文庫 江上 剛 (著)  ★★★☆☆

大手家電メーカーに勤めていた主人公は不景気の煽りを受けリストラされる。そして実家の家電販売店を手伝うことに。
幼いころ仲の良かった同級生は実家近くの家電量販店の販売部長として、実家のお店を潰そうと安売り攻勢を仕掛けてくる。
この作者の本は殆どが銀行関係の内容なので、銀行がでてこないこの本は珍しいかな。
でも結末がいつものことであるがいまいちだな~
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『破門』
2017-01-17 Tue
破門

『破門』 角川文庫 黒川 博行 (著)  ★★★★☆

「厄病神」シリーズの5作目なのかな~? 直木賞受賞作品のようだ。
今回は組長が映画制作に投資したお金を持ち逃げされ、いつものコンビ二人で持ち逃げした映画プロデューサーを探しだす。
しかしそのプロデューサーを裏で操っているのは他の組織だったため そこと揉めるはめに。
いつものように非常にデンポのよいストーリーでいっきに読めた。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『ちょいな人々』
2017-01-06 Fri
ちょいな人々

『ちょいな人々』  文春文庫 荻原 浩 (著)  ★★★☆☆

ちょっと間抜けな?人々をお話にした短編集。以前に読んだ「砂の王国」を思いだすような内容もあった。
最近は著者の長編小説を読んでいないな~、次回はちょっと笑える長編小説を読んでみたいものだ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 読書日記 |