日々の読書記録など
<
『ヒトイチ 警視庁人事一課監察係』
2015-06-23 Tue
ヒトイチ

『ヒトイチ 警視庁人事一課監察係』 講談社文庫 濱 嘉之 (著)

警察官の不正を見つけ出す警察シリーズの第1作目みたいだが、シリーズ化するかな~?
主人公は同じだが4つの話に分かれている。テレビドラマにはいいかもしれないが、いま一つ面白みに欠けるかな。あまり引き込まれ感なし。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『王妃の館〈上・下〉』
2015-06-19 Fri
王妃の館上  王妃の館下

『王妃の館〈上・下〉』 集英社文庫 浅田 次郎 (著)

倒産寸前の旅行会社がフランス10日間の高額ツアーを企画、しかしツアー客には内緒で同じ部屋を2組のツアー客に時間差で使ってもらうという禁じ手のダブルブッキングツアー。
次第にツアー客たちはこの旅行会社の組んだツアーに疑問を持ち始める といったドタバタ人情物語。
最近映画化されたが不評のようだ。ちょっとフランスの歴史を日本人がやるのは無理があるかな。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『第四権力 巨大メディアの罪』
2015-06-11 Thu
第四権力

『第四権力 巨大メディアの罪』 講談社文庫 高杉 良 (著)

モデルはテレ朝&朝日新聞、それと「報道ステーション」のことだろう。キャスターが久米ひろしの時代は面白かったが古館一郎になり駄目になったようなことを書いてある。
以前はこの著者の本は面白かったが、今回の内容は著者が何を言いたいのか、、、、、テレ朝社長の横暴ぶりでも書きたかったのか?
マスメディアの批判をするのであればもっと書いてもらいたい。こんな中途半端な内容じゃ読んでがっかり。
それとも自身も出版に関係している関係で思ったことを書けなかったのか、、、私が読んだ著者の書籍の中ではワースト1だな。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『子どもの貧困連鎖』
2015-06-05 Fri
子供の貧困連鎖

『子どもの貧困連鎖』 新潮文庫 保坂 渉 (著), 池谷 孝司 (著)

2010年に新聞に連載された内容を文庫化したもの。
貧困による学力格差など今の時代に始まったことではないし、子供のころはクラスに一人や二人は必ずこのような子供がいたと思う。
核家族化や地域社会との関係も希薄になりまた少子化ということもあり社会問題化してきたのだろうと思う。
行政の対応も十分ではないが進みつつあることは是とするべきなのであろう。
子供には「自己責任」という言葉はあてはまらないが、親にはやはり「自己責任」の部分あると思う。
教師もこのような子供たち、家族を含めての対応となると本来の仕事である授業がおろそかになってしまうのではと危惧してしまう。
確かに子供は「国家の宝」でありこのような子供たちには支援も必要であろうが、まずその親にたいして再教育が必要であろう。
夜間高校に通う女子高校生は夜間公衆トイレに寝泊まりしていた時期もあったと書いていたが、その後中退して結婚して子供までもうけているが現在は両親とも無職だそうだ。
生活保護を受けるしかないのかもしれないが、、、こうならないための大人の助言や学習や考える時間、生活改善の機会はいくらでもあっただろうに、、、、
本書では もっと支援が必要 つまり行政がお金をもっとかけることが必要と訴えているが、この連鎖はお金では解決しない問題を多く孕んでいると思う。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『変見自在 オバマ大統領は黒人か』
2015-06-03 Wed
偏見自在

『変見自在 オバマ大統領は黒人か』 新潮文庫 高山 正之 (著)

週刊新潮の連載コラム。元産経新聞の記者だけあり朝日新聞の批判は徹底している。
一般のマスメディアでは伝えない事件の真相?を書いているのかな???
しかしながら毎週このようなコラムを書く著者のエネルギーには関心してしまう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 読書日記 |