日々の読書記録など
<
10円玉
2006-04-29 Sat
電車の切符を買うため券売機へ、切符を買ってお釣りを見たところ10円が足りない。お釣りが出てくる出口に10円が残っている。人差し指を伸ばして10円を採ろうとしたけどなかなか落ちてこない。そこで人差し指と中指で10円をつまむよう努力する。あともう少しでつまめそうな感じ、10円が少しずれて始めてわかった ガム がベッチョリ と張り付いている。なるほど取れないわけだ。 しかし世の中にはこんなバカなことする野郎がいるんだ! ほんとハラが立つ! もしこんな奴みつかったら罰金10万くらいとってもいいと思う! ムカついた勢いでこのブログを書いてしまっている、、、、
その後は、10円は諦め電車に乗ってしまった、駅員さん呼ぶのも面倒だし。たかが10円されど10円。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『不勉強が身にしみる』
2006-04-28 Fri
不勉強


『不勉強が身にしみる 学力・思考力・社会力とは何か』光文社新書
 長山靖生 著
タイトルを見て、まさに私のことであり日々思っていること、後悔しきり、、、
今さら大人が「そもそも勉強とは何だろう?」なんて 言わずもがな だし、人それぞれ現在の環境に応じて解答も違うでしょう。
しかしこれから社会人となっていく高校生あたりが読めば一番いいかもしれません。ただし「本離れ」が叫ばれている昨今、高校生がこんな本読むのかどうか、それよりも勉強方法の本であれば読むのかもしれませんが。この程度の本も読めない高校生は問題外だけど。
まず序章で「子供が不勉強なのは、親がバカだから ゆえに親はもっと勉強しろ!勉強しない親に限って公立学校に子供を入れ、そこの教師を責任を押し付ける。責任を持てない親が教師を非難する資格はない」 みたいなこと、、、もっと色々辛辣に書いていて
耳が痛かったり笑えたりする個所が多々ありますが、まさにその通りでしょう。
序章さえ読めばこの本の趣旨は読めたと同じ、後の章は 付録として著者の推薦する名著が載っているので興味があれば読んでみるのもいいかもしれません。

あ~ もっと勉強しとけばよかった。日々是勉強!


歴史小説の見解で私の好きな作家、司馬遼太郎のことをこのように書いていました。
『 司馬遼太郎には並の歴史学者では及びもつかないだけの知識も分析力もあった。だが、それでもあえて歴史学者にならず、在野の小説家でありつづけた意味をもっと積極的に考える必要があるだろう。彼はおそらく、小説という形式を用いることによって、史料から客観的に分る以上のことを、作中の人々の生き様を通して語りたかったのである。そしてそれは歴史家がやってはいけないことなのだ。司馬遼太郎は、そのことをよく知っていたのである。』
そう私もそう思っていた、いいこと言う。

それを踏まえてあえて私は言いたい
NHKの『その時歴史は動いた』?だったか
あの番組は恣意的に歴史を歪めて間違った見解を視聴者に伝えているように思える。それもちょうど今話題になっている社会問題に合わせたような番組内容。
そもそも、あの番組は歴史なのかドラマなのか? ドラマであれば「中途半端やな~」歴史番組と見るなら、暗に現政治を非難しているとしか思えない番組内容。天下のNHKがそんな番組流していいわけ~?
あんなNHKなら 受信料払う価値なし と思ってしまう。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『食う寝る坐る 永平寺修行記』
2006-04-27 Thu
食う寝る坐る

『食う寝る坐る 永平寺修行記』新潮社文庫 野々村馨 著

放蕩癖のある著者が、一大決心で30歳のとき出家の道を選び
曹洞宗の本山永平寺での修行を記したもの。 
修行期間は1年間、著者はその後、元のサラリーマン生活に戻ったそうです。
永平寺は毎年2月に修行者を受け入れ、約百数十人の人々が入門するそうです。

入門者の殆どがお寺の後継ぎが多く、著者みたいに好奇心?から修行の
門を叩くのは珍しとのこと。つまり、現在の永平寺での修行は「僧侶になるための近道」を目的とした人が多く自動車免許でいうと、山奥の教習場に連れていかれ、泊り込みで短期講習を受けるみたいな感じに読めました。但し、修行の内容は非常に厳しく脱走する者、病気(脚気)になり入院する者が少ないないそうです。
その中での色々な修行体験を経て脆弱であった精神がだんだんと変化していく様子が伺われます。著者なりの禅の世界を見て理解したのだと思います。

以前、獄中手記で死刑囚の永山則夫著の『無知の涙』を読みましたが
やはり人間このような状態に置かれると何か悟りのような精神状態に
変わっていくのかもしれません。

只今、私自身も仕事でストレス120%状態だと思っていましたが
この修行に比べれば十分の一にも満たないでしょう。ついつい日々の
業務に追われ私自身会社という温室で生活している事を忘れがち
になりますが、サラリーマン生活も日々精進、修行と思って頑張る
気持ちも必要なのかもしれません。
今、禁煙と云う修行しているのでちょうど良いタイミングで読みました。
今度から『食う寝る吸う』から『食う寝る走る』にしよう。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
定期券
2006-04-25 Tue
昨日の朝いつものように出勤するため駅の改札へ、定期を取り出そうとしたら無い。ガ~ン!まだ2ヶ月は残っている約2万円の損失。
私は定期券はいつも財布の中、その財布は背広の内ポケット、なので通勤途中で財布を落とさない限り定期だけ落とすなんて考えられない。
いろいろ思案したのだが『日曜は大掃除したので間違って捨てたか、それともゴルフ練習場か本屋、酒屋、あと立ち寄ったところは??、、』。 
とにかく深く考えても仕方ない、とりあえず帰宅途中の地元の駅で『すみません~ 定期落としたかもしれないのですが~』。駅員『失礼ですけどお名前は?』 『○○と申します』 駅員3秒ほど思案顔『あぁ~届いてます』。 私の苗字は名前みたいで珍しいのか駅員の記憶にあったみたいです。 駅員に丁寧に頭を下げ感謝、感謝。駅に届けてくれた人にも感謝です。
日々のたいしたこともない出来事だけど、世の中捨てたもんじゃない、日々の感謝の気持ちをもつことは大事かも。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
近くの春
2006-04-22 Sat
昨晩の天気予報で、今日は晴天とのこと。久しぶりに早起きして多摩川にジョギングに行きました。30分くらいすると眠気もとれ汗も出てきて爽快な気分。空は透き通った青、富士山も今日は一段と綺麗に見える、河川敷は春らしく緑一色。早朝なのでまだグラウンドでは少年野球はやっていなく犬の散歩が目立つ。約2時間ジョギングし終わっても頭の中はアドレナリンが出っぱなしな状態。こんな日は外でなにかしないともったいない。なので今日はCanonEOSを持ってチャリに乗って春を撮ってきました。
★ 近くの春の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
カルシウム
2006-04-22 Sat
ここ1ヶ月、左瞼(マブタ)の上部が痙攣しっぱなしで、読書するのも億劫な状態でした。たぶんカルシウムが足りないのだろうと最近は煮干や牛乳&野菜など多めに取るようにしていたのだが一向に良くなる気配なし。それで仕方なく薬局に行ってカルシウム・マグネシウム・亜鉛入りのサプリメントを890円で購入。私は今までサプリメントなる物を利用したこともなかったし&効果のほども期待していませんでした。ところが昨晩3錠飲んで、今朝起きたらすっかり痙攣は無くなっていた。恐るべしサプリメント、驚異の即効性。サプリメントに対する考え方変わりました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『佐高信の新・筆刀両断』
2006-04-21 Fri
佐高信

『佐高信の新・筆刀両断』講談社文庫

サンデー毎日のエッセイを文庫にしたもの。
私はTVで佐高信か江川ショウコがコメンテータとして
出演ている番組はなるべく見ないようにしています。
見ると私はTVに向かって独り言を言ってしまうので『何、とぼけたこと言ってんだよ~』
でも、佐高信の本はたまに読んだりしてます。
彼の論評よりその中で引用される他の本に興味があるので。
今回も相も変わらずの超毒舌(著者はそれでもまだ足りないらしい)ぶり、過激に政治家、役人、経済人、文化人をこき下ろしている。
銀行頭取などの経済人の中には司馬遼太郎のファンも多いことから、
司馬遼太郎までもが彼の餌食とされている。
彼にすれば、司馬遼太郎は嘘で歪められた日本史を世間に広めた犯罪者となってしまう。
単なる小説家をここまで国賊呼ばわりするのはどうかと思うけど。
ここまでくれば『坊主憎ければ袈裟まで、、、』で失笑。
それとは逆に藤沢周平に関しては同じ郷里というこで、どこまで持ち上げることやら。

著者の理想とする社会は、
働かなくてもベンツが持てる超社会主義国&超あまやかせ国家
なのだろう。 つまり佐高信に噛みつかれてこそ、一流の政治家なのかもしれない。
ちなみに著者の敬愛する政治家は土井たか子と福嶋瑞穂みたい。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
減量失敗
2006-04-20 Thu
夜のジョギング始めてから、まるまる3週間経過。16日間ジョギングしたので総走行距離は200Kmぐらいでしょう。昨日は久々にティプネスでIN BODYチェック! 3週間前に比べ体重で+1Kg 体脂肪で+1% でした。1年前に比べ4Kの増量、、、、トホホ、、、。 やっぱりジョギング後の毎晩の缶ビールが影響しているみたい。やはり減量は運動&食事の両面から攻めないと駄目みたいだ。 夜のジョギング辞めようと思ったけどもう少し続けて体脂肪率12-3%まで戻そう。
★ 減量失敗の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『なぜ人はニセ科学を信じるのか』
2006-04-19 Wed
4150502803.jpg

『なぜ人はニセ科学を信じるのか』 ハヤカワ文庫NF マイクル・シャーマー 著

 最近スピリチュアルTVや書籍が巷では流行っているように
思われます。私は何故そのような本が売れるのか不思議でしょうがなかったので、この本を読んでみることにしました。
軽く読めるかと思いきや、詳細に論理的に書いた内容です。
お勧め度は 3、4点ですね。

 占星術を例にとると、決して万有引力の法則や相対論の知識があり惑星の起動を計算できる人は占い師にはなれないってことです。
科学とニセ科学の違いは検証性があり統計学を使いまた過去の経験・履歴も応用して修正していくことが科学であり、
ニセ科学とは決して検証せず統計もとらないことなどです。 
読んでいてうなずける個所はいくつもあります。
ニセ科学全てが悪ではないが、生活の中で巧く取捨選択することが肝要かと。

 ニセ科学が生まれる背景として、欲や願望などがあることが示唆されてる。この本には書いていませんが、健康によいと言われているマイナス・イオン効果は実際には効果の検証もされていない(効果なし)みたいだし、また『日木流奈』の本も実は母親が書いたものではないかと噂されています。最近では、韓国の大学教授が書いたES細胞についてのニセ論文なども自分の思った結果になってもらいたい願望があるために引き起こされたものかもしれません。

 昨日アクセスカウンターを付けたのだが今朝みると11だった昨日から5つ増えたわけだ。そのうちの2つは自分だから結局3つか、、、、、 まあボチボチいきましょう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
先週の『NEWSWEEK』
2006-04-18 Tue
 先週のNewsweekの特集は『ニュースがわかる国際情勢入門』。

 日頃TVニュースとか新聞で国際ニュース読んだりするけど、
果たして自分がどれだけ理解しているのかを再認識する上でも
読んでみると非常におもしろい。30分もあれば読めてしまう。
付録資料として『イスラムの基礎知識』が綴じられている。
でもいくら読んでもあのイスラムの過激な行動は、
多神教の日本人にとっては理解できないのではないだろうか。


 昨晩も夜遅く、ジョギングウエアに着替えジョギング開始。
別に走っている間は楽しいこともないのだが、終わった後はすっきり、なかなかいいストレス解消になる。
 走り始めてやっと汗の出てきた30分後、
千鳥足の酔っ払いオヤジから「せいがでるね~」なんて声かけられる。私は心の中で「それは、あんただよ!」。

 ジョギングの心得として公衆トイレのある小さな公園を2,3ヶ所
マイコースの中に取り入れるのだが、いつもは、公園にはボードも持った不良(?)どもか、犬の散歩、もしくはホームレスの人たち。
 でも今日はいつもと違って高校生のアベックがベンチで抱擁。
心の中で一言「せいがでるね~~、○○○○~」
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
冷蔵庫
2006-04-17 Mon
毎晩体重計に載って体重をチェック。そして冷蔵庫にマグネットで
貼ってあるカレンダーにその日の体重を記入。とうぜんジョギングした日はジョギング時間も記入。
「今日も元気に仕事もできて体の調子も悪くない。 ありがとうございます。」と心の中で感謝するようにしている。
でもこの『感謝する気持ち』は日々忘れがち。そこで最近カレンダーに大きな文字で『毎日感謝』と書いて、忘れないようにしている。
文字を見る度に、冷蔵庫に向かって「今日も一日ありがとうございました。」などと独り言。
 とうとう私の教祖様は、東芝製の冷蔵庫になってしまった、、、、
 私だけだろうな~、冷蔵庫を神様にしている、ばちあたり野郎は。

しかし、何で我が広島カープはあれほどまでに弱いのか、、情けない!!今年こそは監督も変わり期待していたのに、、、、やはり貧乏球団では駄目なのかな~?私の愛車もマツダなのに。
 プロ野球界も『格差社会』になってしまった。まずはプロ野球界から格差是正をしてくれ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『マックス・ウェーバー入門』
2006-04-15 Sat
『マックス・ウェーバー入門』牧野雅彦 著 平凡社

 最近、経済ニュースなどで耳にする『マックス・ウェーバー』。
マックス・ウェーバーは第一次世界大戦時代のドイツの経済学者で近代資本主義理論の元祖とも言われている。読んでみたが私の頭では、殆ど理解不能、学生時代もう少し勉強しておけばよかった、と後悔。
 以前、『マックス・ウェーバー物語』を読んだときは10%ぐらいは理解できたけど、この本は入門とは書いてあるが、、、、、、
 まあ、機会があれば岩波文庫の『マックス・ウェーバー入門』を読んでみよう。

今晩は、ジョギング一休み 明日は晴れていたら早朝に2時間くらいジョギングしよう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いっこうに減らず
2006-04-14 Fri
最近TVの報道番組にワタミ社長がコメンテーターとして良く出ているみたいな気がする。今日もNTVのニュースに出ていたのだが、東京湾の船舶事故に関してアナウンサーが渡邊社長にコメントを求めたところ『東京湾は狭いですからね~』の一言。なんで東京湾のコメントしなきゃいけないのか?はなはだ疑問。NTVも少しは考えろ!
しかしなんでワタミなんだ?株価を上げるつもりか?たしかに今の株価は停滞ぎみ、私はこの価格じゃ買えないかな。
夜ジョギングを始めて丸2週間、毎晩体重チェックしているけど2週間前と変わらず。何でだ?!まああと1週間頑張ってみよう。明日から30分多めに1時間半ぐらい走ってみよう。それで体重減らなければ毎晩のジョギングは止め。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
とりあえず読書感想
2006-04-12 Wed
『テレビの罠』 香山リカ著 ちくま新書

久々の駄作本です。 -3点。

精神科医であり、TVのコメンテーターとしても顔を出す著者が、
去年の9月11日の総選挙で「何故あれほど自民党が大勝したのか」を
精神科医の立場から述べている。
タイトルを見るとマスコミ(TV)の批判かと思いきや、TVに踊らされる
一般選挙民を批判(こバカにしている)とんでも本でした。
『下流社会』や『人は見た目が9割』の引用も目立つし、
下流の人間が、セレブであるマドンナ議員と迎合してしまった なんて言ってる。
自分の世界だけで書いたような内容、「木を見て森を見ず」とはこの事だと思いました。
TVの選挙報道だけで「小泉政権」を切ってしまうのだから、あまりにも稚拙なのでは。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
満開
2006-04-01 Sat
4月1日の満開の桜
sakura

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
国東半島
2006-04-01 Sat
国東半島

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 読書日記 |